☆「葡萄栽培の理想の地」、「アルゼンチンの至宝」と呼ばれるカファジャテで
    オーガニック・ワイン造りを実践する歴史あるワイナリー『ミッシェル・トリノ』


ミッシェル・トリノ ワイナリーは、アルゼンチン北西部のアンデス山脈の麓、カファジャテ渓谷(cafayate Valley)にある、この地を代表するワイナリーのひとつです。

カファジャテ地区はメンドーサと並ぶワインの名醸地で、標高1700m、1年のうち350日が晴天、一日の寒暖差は最大25℃、岩と砂の混ざった土壌と山々からの豊かな水、そして湿度が低いため葡萄の病気が発生しにくく、これ以上ない葡萄栽培に適した理想的な土地です。

1982年にの地で葡萄栽培を始めた二人のカタロニア人兄弟David MichelとSalvador Michelがミッシェル・トリノ ワイナリーを興し、現在では700haを超える葡萄園を所有し、世界30カ国以上に質の高いワインを提供しています。

近年、ミッシェル・トリノはアルゼンチン国内はもとより、カナダやイタリア、イギリス、ボルドーをはじめとするヨーロッパやその他の国で高く評価され、その傑出した品質と価格でアルゼンチンを代表するワインのひとつとして賞賛されています。

そして、2006年よりミッシェル・トリノの所有するすべての葡萄園が「無農薬栽培」に認定され、完全なオーガニック・ワインの生産を目指しています。

         ミッシェル・トリノ・ワイナリーは数多くの葡萄園が点在するカファジャテに複数の葡萄園を所有しています。




   
ミッシェル・トリノ “コレクション”シリーズ
コレクションシリーズは、カファジャテ地区の個性と葡萄の特徴を生き生きと表現しているミッシェル・トリノのスタンダードワインです。
この地区ならではの凝縮感高い果実味とフレッシュで豊かな香りが楽しめる非常にコストパフォーマンスの高いワインです。






※画像のヴィンテージと商品は異なる場合があります。

  WINE DATA
■生産地
■生産者

■ワイン名

■VINTAGE
■格付け
■葡萄品種
■熟成方法
■タイプ
■容量
■アルコール
■飲頃温度
■栓タイプ
■備考
アルゼンチン カファジャテ地区
ミッシェル・トリノ ワイナリー
Michel Torino Winery
ミッシェル・トリノ “コレクション”
カベルネ・ソーヴィニヨン
2014年

カベルネ・ソーヴィニヨン100%
オーク樽(30%、6カ月)
【赤】 フルボディ
750ml
13.5%
18゚C前後
スクリューキャップ式
暑い季節には軽く冷やすとおいしく
楽しめます。
※ヴィンテージはインポーターの
出荷状況により変わる場合があり
ますのでご注意下さい。




☆溢れんばかりにジューシーな
   驚くほど濃縮感の高い果実味!

☆オーク樽熟成によるカカオやチョコレートを
   思わせる豊かなフレーバー!

★この価格帯ではありえない!?
   ボリューム感たっぷりのフルボディな味わい!

........................................

以前から近い将来アルゼンチンワインのブームが来るだろうと言っておりましたが、ついに決定打ともいえるとてつもないワインが2009年春に輸入開始されました。

実はこのコレクションシリーズの一部は、数年前にアサヒビールで輸入されたことがありますが、ハッキリ言ってその時のワインとは中身は別物といっていいでしょう。より洗練され、凝縮感が高まり、この5〜6年のうちに見違えるほど逞しく成長したというのが実感です!

コレクションシリーズの特徴は、圧倒的な濃縮感&ボリューム、オーク樽熟成、そして驚くほどリーズナブルな価格にあります。
チリワインの人気銘柄「コノスル」のヴァラエタルシリーズとほぼ同価格で、濃厚さは確実に上回ります!
まさに恐るべきアルゼンチンワインの上陸開始といった様相です。


このカベルネ・ソーヴィニヨンは、ほとんど透けて通らないほどの濃い赤色、完熟果実を思わせる重厚な香りがあり、口に含むと凝縮されたジューシーな果実味とオーク樽のチョコレートやカカオなどの風味が広がります。甘みは豊かで濃厚ながらもマイルドな口当りが楽しめます。この価格ではありえない内容のワインです!

料理は、かなり濃厚でボリュームがありますのでデミグラスソースや濃厚なソースを使った肉料理やこってりとしたチーズ料理などがおすすめです。


........................................











         
         ※スクリューキャップに替わりました。


                フルボディワイン特集へ >> 
        

ページトップへ