デザートワイン特集 へ








  WINE DATA
■生産地

■生産者

■ワイン名




■VINTAGE
■格付け

■葡萄品種
■醸造/熟成
■残留糖度
■酸度
■タイプ
■容量
■飲頃温度
■備考

ドイツ ラインヘッセン地方
ニアシュタイン地区ボーデンハイム村
フリッツ・ヴィンディッシュ家
Fritz Windisch
ボーデンハイマー・クロイツベルク
オルテガ トロッケンベーレンアウスレーゼ
Bodenheimer Kreuzberg Ortega
Trockenbeerenauslese 
2005年
トロッケンベーレンアウスレーゼ
(貴腐ワイン)
オルテガ100%
ステンレスタンク発酵
199.7g/l エクスレ度:160

【白】 極甘口
375ml
10〜14゚C前後
「DLG 2007」金賞受賞
「MundusVini 2007」金賞受賞






☆希少な「トロッケンベーレンアウスレーゼ」の
   中でも傑出した品質を誇る極上ワイン!!

☆残留糖度199.7g/lを誇る芳醇な味わい。

★「DLGドイツ農産物大賞2007」金賞受賞
★「ムンドゥス・ヴィニ2007」金賞受賞

........................................
このワインを造るヴィンディッシュ家は、ドイツ・ラインヘッセン地方で1780年よりワイン造りを続ける個人生産者。辛口ワインやスパークリングワインなども生産していますが、注目すべきは甘口の白ワインです。今回、ご紹介するワインはその中でも特別なもので、著名なドイツの2つのワインコンテストにおいて、金賞を受賞したトロッケンベーレンアウスレーゼ(貴腐ワイン)です。

「ムンドゥス・ヴィニ」とは、日本ではまだあまり知られていませんが、ドイツ最古の専門誌出版社のひとつマイニンガー社の子会社である「インターナショナル・ワイン・アカデミー・ムンドゥスヴィニ」が主催するヨーロッパ大陸最大規模のワイン・コンペティションです。この2007年大会には4925本ものワインがエントリーされ、その「トロッケンベーレンアウスレーゼ部門」で金賞を受賞した9本のうちのひとつです。

残留糖度はなんと限界値に近い199.7g/lあり、まさに2005年の天の恵みを授かった傑出したトロッケンベーレンアウスレーゼです。
完熟した桃や蜜を想わせる甘い香りと凝縮された天然の甘み、厚みのあるトロリとした舌触りは、一生のうちでもそうそうお目にかかれるものではありません。そして、このワインはこの後、何十年という長い年月を生き抜くであろう生命力を宿しています。

........................................

■トロッケンベーレンアウスレーゼとは
ドイツワイン法の最高ランクの等級である貴腐ワインで、フランスのソーテルヌ、ハンガリーのトカイと並び『世界三大貴腐ワイン』と称される世界最高のデザートワインのひとつです。

貴腐ワインは自然界の菌の一種であるボトリティス・シネレア菌が葡萄に付着した時にのみに造られる特別なワインですが、この「貴腐」の現象は、立地条件、温度、湿度、風向き、日照時間..などの様々な条件が一致した時のみに起こる可能性があります。それが10年に1度なのか20年に1度なのかは神のみぞ知る...というまさに『奇跡のワイン』なのです。










               完売致しました。       






                 デザートワイン特集へ >> 
        

ページトップへ