デザートワイン特集 へ











※ラベルと実際のヴィンテージは異なる場合がございます。

  WINE DATA
■生産地
■生産者
■ワイン名
■VINTAGE
■格付け
■葡萄品種
■熟成方法
■残留糖度
■酸度
■タイプ
■容量
■アルコール
■飲用温度
■栓タイプ
■備考

イタリア ヴェネト州クストーツァ地区
カヴァルキーナ(ピオーナ家)
パッシート・ビアンコ・デル・ヴェネト
2011年
I.G.T.
ガルガネーガ/ミュラー・トゥルガウ
オーク樽


【白】 甘口
375ml
14.5%
10゚C前後
コルク
※ヴィンテージはインポーターの
出荷状況により変わる場合があり
ますのでご注意下さい。





☆日本では滅多にお目にかかることのない
 イタリアの甘口ワイン パッシート・ビアンコです。

☆美しいゴールド、濃縮感のある口当り、
    ほどよい甘みと独特の風味が魅力です!

☆驚くべき良心的価格!
 通常のパッシート・ビアンコの約半額です。

........................................
パッシート・ビアンコとは、収穫した葡萄を陰干して自然乾燥させ、糖度を高めた葡萄から造るイタリアならではの甘口の白ワインです。

このワインを造るカヴァルキーナ社の歴史は古く、1848年には既にクストーツァの地域において最も重要なワイン生産者として記録されています。彼らのワインは地元ではとても人気があり、ヴェローナの多くのレストランでワインリストに載せられています。

このワインは、収穫した葡萄を年明けの1月頃まで自然乾燥させ糖度を高めます。そして、タンクで発酵させた後、オーク樽に移し発酵を続け、その後、18カ月間熟成させ瓶詰めされます。


<テイスティングコメント 2009.10.29試飲>
色合いはとても輝きのあるゴールド。
とろりとした凝縮感の高い口当りで、甘みはしつこさのない、ほどよい甘さです。しっかりとしたボディとパッシートならではの独特の風味が楽しめます。オーク樽熟成とのことですが、樽の風味はほとんど感じられないほど、よく溶け込んでいます。
キレのよい味わいでしつこさがなく、甘口ワインとしては上質の部類に入ります。
私もパッシートは、初めての試飲でしたが、品質は素晴らしく、とてもコストパフォーマンスの高い1本だと感じました。


『この品質のワインは、この価格では絶対に見つからない。市場は倍の価格でこういうワインを探しているくらいだ。』とオーナーであるピオーナ家は語っています。

実際のところ、このワインを輸入したインポーターは
『2009年の「ヴィニタリー」で試した甘口の中で最高の品質!』だったと絶賛しています。

※「ヴィニタリー(Vinitaly)」とは、毎年イタリア・ヴェローナで開催される世界最大規模の国際的ワイン展示会です。

........................................









            

             ※値下がりました。



                 デザートワイン特集へ >> 
        

ページトップへ