WINE DATA
■生産地
■生産者
■ワイン名
■VINTAGE
■格付け
■葡萄品種
■発酵/熟成
■残留糖度
■酸度
■タイプ
■容量
■アルコール
■飲頃温度
■栓タイプ
■備考

フランス ブルゴーニュ地方
パトリック・クレルジェ(ネゴシアン)
ブルゴーニュ ピノ・ノワール
1996年(平成8年)
ACブルゴーニュ
ピノ・ノワール100%
オーク樽(バリック)18カ月


【赤】 フルボディ
750ml
13.0%
18゚C前後
コルク
飲み頃です!
希望小売価格¥4000



※「オリ」について
オリとは、ワインの底に発生する沈殿物です。これは天然の葡萄果汁に含まれる色素やタンニンが固体化した自然現象です。特に長期熟成ワインには必ずといってよいほど発生します。オリは葡萄に由来するもので人体には無害ですが、ざらざらして口当りが悪く苦味もあるので、飲む数日前にボトルを立てて瓶底に沈めてからグラスに注ぐことをおすすめします。
☆非常に希少な1996年産/20年熟成飲み頃
    ブルゴーニュ ピノ・ノワール!

★ギネス記録をもつ歴史的ワイン商が
    熟成/貯蔵した飲み頃ワインです!

☆未だ果実味豊かで力強さも備えた
   素晴らしい品質のピノ・ノワールです。

........................................

このワインの販売元であるパトリック・クレルジェは1994年にボーヌで設立されたネゴシアン(ワイン商)ですが、クレルジェ家はギネス記録にも残る1268年からのワイン造りの歴史があります。

このワインは独自のルートにより、ボトルで買い上げて貯蔵/熟成させたワインとの事。

20年を経たピノ・ノワールとは思えない、しっかりとした若さと果実味を備えています。
そろそろ飲み頃に入り始めたところですが、この後も長い期間熟成可能な状態でピークはまだまだ先にありそうです。

ブルゴーニュ ピノ・ノワールの価格上昇が著しい現在において、このワインは驚くほどリーズナブルな掘出し物と言えるでしょう。

<テイスティング・ノート>
熟成感のある深みのある赤色。
芳醇で深みのある熟成香。
力強く、マイルドな口当りでバランスのとれた味わいです。
果実味豊かでボリュームがあり、まだまだ若さがあります。


1996年(平成8年)の出来事
........................................
 ・世界初のクローン羊『ドリー』がスコットランドで生まれる。
 ・アトランタオリンピック開催。
 ・英国のチャールズ皇太子、ダイアナ妃と離婚合意。
........................................









            




        オールド・ヴィンテージ・ワイン特集へ>> 
        

ページトップへ