WINE DATA
■生産地
■生産者
■ワイン名

■VINTAGE
■格付け
■葡萄品種


■熟成方法
■タイプ
■容量
■アルコール
■飲頃温度
■栓タイプ
■備考
ボルドー地方
シャトー ラシーム
シャトー ラシーム
Chateau Lassime
2008年
ACボルドー・スペリュール
メルロー41%、
カベルネ・ソーヴィニヨン35%
カベルネ・フラン24%
ステンレスタンク&アメリカンオーク樽
【赤】 フルボディ
750ml
13.0%
18゚C前後
コルク
希望小売価格¥2800


☆重厚な果実香漂う、しっかりとした厚みと
   深みのあるコクが楽しめる飲み頃ボルドー!

★ほどよく熟成したボルドーならではの
        滑らかな口当りが楽しめます!

☆ちょうど飲み頃に入ったところで
   まだまだ豊かな果実味が残っており
     この先も十分楽しめます。

★ワインコンテスト『リヨン・コンクール2012』で
     シルバーメダル受賞!

........................................
このワインが生産された2008年のボルドーは、全体的には良好ではなかった年とされており、実際に当店でも当時は多くの2008年産ボルドーを試飲し、落胆し、オーダーしなかったのをよく憶えています。

しかし、ここ3、4年ほどの試飲会でいくつかの出来の良い2008年産ボルドーに巡り合うことができ、悪いと呼ばれる年でも良いワインは産出されていることを再確認できました。
おそらく、悪いワインは早々に売り払われ、素性の良いワインは選別され寝かされていたのだと考えられます。


このワインは2年ほど前から取扱っていたのですが、1年ぶりくらいにテイスティングしてみると以前より厚みが増し、マイルドで深みのある味わいに変化しており、だいぶイメージが変わっていました。
そのため急遽、再入荷させたワインです。

飲み頃の熟成ボルドーは年々希少になりつつありますが、この2018年産は、ちょうど飲み頃に入ったところで価格も非常にリーズナブルでお買得品だと思います。


<テイスティング・コメント 2017/3/29>
濃いめのルビー色で重厚な果実の香りがあります。
果実味豊かで厚みがあり、バランスのとれた落ち着いた味わいです。
複雑味を感じるコクがあり、ちょうど飲み頃といった感じです。

まだまだ果実味が十分残っていますので、この先数年はおいしく楽しめると思います。
........................................













              飲み頃ボルドー特集へ >> 
        

ページトップへ