1967年、カール・エルベス(1938年生まれ)によって設立されたワイングートです。カール・エルベスは、30年余り有名なクリストフェル・ベレス家のケラーマイスターをしていました。現在は、15歳からワイン造りを手伝い、ケラーマイスターの資格を持つ息子のシュテファン(1970年生まれ)が主となって働いています。

所有する畑は、ユルツィガー・ヴァルツガルテン(薬味の庭)とエルデナー・トレプヒェン(0.3ha)で、この10年で段々と買い足し、4haになりました。そのすべてが非常に厳しい農作業を強いられる急斜面で、ほとんどの作業が手で行なわれています。
土壌は80%がスレート(灰色と青)、20%が赤い岩です。葡萄品種は100%リースリングで、80年樹齢を最高に多くが古木となっています。

肥料は土壌の検査に基づいて、毎年違った成分を補充しています。使用するのは石炭、葡萄の搾りカス、木の皮、家畜の糞などの有機肥料です。
醸造はあくまでも伝統的で、すべて樽で行なっており、その中にバナナ状の温度計を入れ、コンピューターで温度管理をしています。

シュテファンは注意深い葡萄の選別により、★から★★★、ゴールドカプセルまでの異なったレベルのアウスレーゼを造ることで、中部モーゼルのトップ生産者としての評価を得ることを目指しています。
その結果、ゴーミヨ「ドイツワインガイド2008」で2房に昇格し、2001年のシュペトレーゼや2002年のアイスワインが「ワインアドウォケイト」で91点を獲得するなど評価は高まっています。味わいのタイプはほとんどがフルーティな(甘口)タイプで、5%のみがやや辛口です。

私どもでは約20年前より彼のワインを取り扱っており、その品質の素晴らしさはすでに多くの私どものお客様もご存知のことでしょう。毎年のように彼らの家を訪問していますが、時にはユルツィガー・ヴァルツガルテンにも足を運びます。そこは畑というよりはむしろ崖と言ったほうがよく、しかも所々に粘板岩の岩板が露出し、農作業中に足でも滑らせたら谷底まで転げ落ち、場合によっては命も落としかねない、といった所です。

私どもが知る限り、他の誰よりも厳しい農作業を強いられる畑です。 通常は、下から上へ作業をするのですが、あまりに急斜面のため横に移動して摘み取るそうです。
エルベスの畑に一度でも行ったことのある人なら、労働に対して世界で最も安いワインと言っても当然だと思うことでしょう。
日本では、私どものみご紹介する彼のワインは、いつも品質が安定しており、まさにリースリングの芸術品ともいえる味わいを醸し出しています。
                                       カール・エルベス家ワイン輸入元・活葉カタログより抜粋



「ワインアドヴォケイト」のドイツワイン担当していたピエール・ロバーニが、カール・エルベスのセラーを訪れ、★★や★★★を試して、その品質の高さに驚き、『きっと、素晴らしい評価でワインアドヴォケイトに掲載されるでしょう!』と言って帰りました。
実際に掲載されたのは、カビネット90点、シュペトレーゼ91点のみで、アウスレーゼ以上は掲載されませんでした。
もし、点を付けていれば、それ以上の点数が付いていたであろうことは間違いありません。


              


  
(左)ユルツィガー・ヴァルツガルテンの畑 (中)「RIESLING WEINGUT」の看板からもリースリングに賭ける情熱がうかがえる
 (右)目もくらむ断崖のような葡萄畑。落ちれば命も危ない!


カール・エルベス氏のワインに出会ったのは、今から20年近く前のハインツ・ワグナー博士のワインを知った少し後のことでした。ワグナー博士のワインが、豊かな酸と硬質なミネラルを持つ切れ味鋭いリースリングなら、エルベス氏のワインは、華やかさとフルーティさの絶妙な調和を追求したリースリングという好対照なモーゼル・リースリングと言えます。
この両者のワインは、ザールとモーゼル中流域という土壌の違いや個性が比較でき、そして、モーゼル・リースリングの奥深さやバラエティの豊かさ知ることのできる典型的なワインです。
そして、想像を絶する絶壁のような急斜面の畑で造られるワインは、まさにお値打ち品と言えます。



★モーゼル河中流域の「モーゼル・リースリング」を代表するスタイル!
★この価格帯では明らかにトップクラスの
   天然の甘味と酸味が見事に調和した素晴らしいリースリングです。




  ※ヴィンテージは画像と異なる場合があります。

◆カール・エルベス
 ユルツィガー・ヴァルツガルテン
 リースリング・ホッホゲヴェスク Q.b.A.
750ml
商品コード:W201001
当店価格 :1,550円(税別・送料別)
        (税込1,674円)


◆カール・エルベス ユルツィガー・ヴァルツガルテン
  リースリング・ホッホゲヴェスク Q.b.A.
 Karl Erbes Urziger Wurzgarten Riesling Q.b.A..

 
タイプ / 容量 <白> 【甘口】 / 750ml
生産地 ドイツ/モーゼル地方/ユルツィヒ地区
生産者 カール・エルベス家
葡萄品種 リースリング100%
格付け Q.b.A.
残留糖度/酸度 g/l / g/l
生産年 2013/2014年
備 考 ラインラント・プファルツ州品評会金賞受賞

ユルツィヒのヴァルツガルテン「スパイスの庭」からのリースリング100%ワイン。
華やかな香りとフルーティな果実味が絶妙な調和をみせる、エルベスの目指すスタイルを的確に表現した完成度の高いワインです。
Q.b.Aとしては、すば抜けた品質をもっています。

ドイツワインを飲んだことが無いという方やリースリングを飲んだことが無いという方には、特におすすめしたい1本です。
もちろん、ドイツワインに慣れ親しんでいる方にも、「リースリングの優しさ」を再発見できるワインであり、いつ飲んでも期待を裏切らない安定した品質があります。

口の中いっぱいに広がるフルーティな甘みと繊細な酸味の見事な調和は、ハッとさせられるほど格別な仕上がりです。
まったく嫌味がなく、どなたにも好まれるリースリングワインです。

この2008年ヴィンテージからラベルも一新され、エルベス家としては初のスクリューキャップを採用したワインです。

ラベルに記載されている「Riesling Hochgewachs」(リースリング・ホッホゲヴェスク)とは、クラシックな100%リースリングワインのQ.b.A.にのみ適用される名称です。



★「リースリングのスペシャリスト」が造るモーゼル・シュペトレーゼの傑作!
  豊かなボリュームを湛えた、完成度の高いワインです。




  ※ヴィンテージは画像と異なる場合があります。

◆カール・エルベス
 ユルツィガー・ヴァルツガルテン
 シュペトレーゼ
 750ml
商品コード:W221006
当店価格 :2,280円(税別・送料別)
       (税込 2,462円)


◆カール・エルベス
 ユルツィガー・ヴァルツガルテン シュペトレーゼ
 Karl Erbes Urziger Wurzgarten Spatlese


タイプ / 容量 <白> 【甘口】 / 750ml
生産地 ドイツ/モーゼル地方/ユルツィヒ地区
生産者 カール・エルベス家
葡萄品種 リースリング100%
格付け シュペトレーゼ
残留糖度/酸度 89.0g/l / 7.9g/l
生産年 2013年
備 考

ユルツィヒのヴァルツガルテン「薬味の庭」からのリースリング100%ワイン。
新鮮な酸味と天然の甘みとが完璧な調和をみせるモーゼル・シュペトレーゼの傑作。

厚みを感じさせる甘味と繊細な酸味が調和し、複雑味のある深い味わいが楽しめます。

長期熟成にもおすすめのワインです。





★熟成したモーゼルリースリングの深い味わいが堪能できる2004年産ワイン。

★10年以上の熟成を経て、角のとれたまろやかさと複雑味を増した
  リースリングの魅力ある味わいが楽しめるエルベス家自慢のアウスレーゼです。




  ※ヴィンテージは画像と異なる場合があります。

◆カール・エルベス
 ユルツィガー・ヴァルツガルテン ★★
 アウスレーゼ
 750ml
商品コード:W231001
当店価格 :3,580円(税別・送料別)
       (税込 3,866円)


◆カール・エルベス
 ユルツィガー・ヴァルツガルテン アウスレーゼ★★
 Karl Erbes Urziger Wurzgarten Auslese ★★


タイプ / 容量 <白> 【甘口】 / 750ml
生産地 ドイツ/モーゼル地方/ユルツィヒ地区
生産者 カール・エルベス家
葡萄品種 リースリング100%
格付け アウスレーゼ
残留糖度/酸度 110.0g/l / 8.3g/l
生産年 2004年
備 考

ユルツィヒのヴァルツガルテン「薬味の庭」からのリースリング100%ワイン。

ボリューム感豊かな甘みと厚み、10年以上の時を経て熟成感が出てきて、まだまだフレッシュさも残っています。

2004年はモーゼルらしい酸のあった年で甘さがあり、柑橘系の風味もあり、角のとれたまろやかさと深みのある味わいが楽しめるリースリング・アウスレーゼです。

カール・エルベス家の現当主のシュテファンは、注意深い葡萄の選別により★から★★★、ゴールドカプセルまでの異なったレベルのアウスレーゼを造っています。

もちろん、すでに飲み頃に入っておりますが、この先の長期熟成にもおすすめのワインです。


              クラシック・モーゼル特集へ>> 
        

ページトップへ