1648年よりワイン造りを始めたステファン・エーレン家は、モーゼル中流域のレスニッヒ村にあり、建物やセラーは彼の祖父によって1889年に建てられました。建物にはエルデナー・トレプヒェンと同じ、スレート岩が使われています。

葡萄畑はエルデンとレスニッヒに2.2haを所有しています。内訳はエルデナー・トレプヒェン1.5ha、エルデナー・ヘレンベルク0.2ha、レスニッヒャー・フェルシュターライ0.3ha、レスニッヒャー・ブルグベルグ0.2haです。
これらの畑は急斜面で最高で斜度70%の場所にあります。

土壌はデボン紀のスレートで、エルデナー・トレプヒェンには部分的にレッドストーンが混ざっています。このような軽い土と豊富なミネラルは、フルーティで爽やかなワインを生み出します。
ここはリースリングにとって、まさに最適な土壌といえ、100%リースリングだけを栽培しています。
平均樹齢は25年で、15%が70年、40%が30年、45%が2〜10年の樹齢です。

ワイン造りには、伝統的な1000リットル入りのモーゼル・フーダー樽またはステンレスタンクを使っています。ステンレスタンクは、フレッシュで天然のCO2を含んだワインを造り、木樽はワインのバランスと熟成のために使われます。

ステファン・エーレンは、甘すぎるワインの信奉者ではありません。甘すぎるとワインのキャラクターを壊してしまい、ハーモニーが失われてしまうと考えています。彼は、食事に合うワイン、そして寿命の長いワインを造ることを自分のゴールと考えています。

地元の専門家たちは、1500〜1600年代のモーゼルのクラシックな味筋を守っている数少ない生産者である、と言います。
ステファン・エーレン家のワインは、全体的に控えめな甘さの落ち着いた味わいがあり、クラシックなモーゼルワインの風情を感じることのできる数少ないワインです。

2002年にはエーレンも70歳になり、母親も95歳ということで、ミューレンホフのステファン・ユステンにワイン造りを引き継ぎました。夫人のヘルマー・ユステンの名前で造られますが、ワイングート名は変わりません。また、エーレンも全く引退してしまう訳ではなく、畑仕事はするそうです。『モノレールに乗りたいから働くよ!...』とか。

                                     ステファン・エーレン家ワイン輸入元・活葉カタログより抜粋



エルデナー・トレプヒェンの畑において、ステファン・エーレンの右に出るものはいないでしょう。ワインと結婚した彼は、収穫期には年老いた母親の手を借りながら、ほとんど一人で仕事をこなしています。生産量が少ないため、樽ごとのワインの世話が可能です。ワインだけにかかりきっているので、宣伝をするとかいったことにまるで無関心ですが、彼のエルデナー・トレプヒェンは、ワインのプロなら知っておくべきワインでありましょう。

                                   スチュワート・ピゴット 「ライフ・ビヨンド・リープフラウミルヒ」より


              


    
(左)ステファン・エーレン氏 (中)ステファン・エーレン家 (右)醸造家のステファン・ユステン氏とエーレン氏


現在、ステファン・エーレン氏は77歳で、2002年には「ミューレンホフ」のステファン・ユステン氏にワイン造りを引き継ぎ、第一線を退きました。彼はほとんどの作業をひとりでこなしていた、まったくの個人生産者で、生産量は非常に少なく、そのため世界的には無名ですが、地元の専門家たちは、1500〜1600年代のモーゼルのクラシックな味筋を守る数少ない生産者だと高く評価しています。

ステファン・エーレン家の所有する「エルデナー・トレプヒェン畑」は、ワイン評論家ヒュー・ジョンソン氏が彼の著書「ポケット・ワイン・ブック」において、“超一流畑”と認めたドイツでもトップクラスの畑でブルゴーニュやボルドーのグラン・クリュ(特級畑)に相当します。



★ステファン・エーレン氏が醸造した最後の記念すべきヴィンテージ!
★1971年以降の最高の年のひとつ2001年産シュペトレーゼ!





◆2001 ステファン・エーレン
 エルデナー・トレプヒェン
 リースリング シュペトレーゼ
 750ml
商品コード:W221003
当店価格 :2,380円(税別・送料別)
       (税込 2,499円)

      ※輸入元完売


◆2001 エルデナー・トレプヒェン
  リースリング シュペトレーゼ
 Stephan Ehlen Erdener Treppchen
 Riesling Spatlese


タイプ / 容量 <白> 【やや甘口】 / 750ml
生産地 ドイツ/モーゼル地方/エルデン地区
生産者 ステファン・エーレン家
葡萄品種 リースリング100%
格付け シュペトレーゼ
残留糖度/酸度 41.6g/l / 7.8g/l
備 考 ゴーミヨ「ドイツワインガイド」で86点

この2001産は、ステファン・エーレン氏の手による最後の記念すべきヴィンテージです。2002年からはステファン・ユステン氏にワイン造りを引き継いでいます。

心地よい芳香があり、繊細できめ細やかな味わいをもつ申し分ないモーゼル・シュペトレーゼの逸品です。

ドイツの超一流畑で、この畑に一生を捧げた名生産者が造った最後の年のワインには、非常に感慨深いものがあります。
この繊細にして、美しい味わいのリースリングは、ドイツの若き生産者達の良き手本となることでしょう。


※2009/11月時点でインポーターの在庫はわずか20〜30本となっております。



★今までの記憶をすべて塗り替える、造り手さえ未経験のスーパー・ヴィンテージ2006年!
★中身はアウスレーゼ以上!? 自然の恩恵をたっぷり受けたスペシャルなカビネットです。
★見事な酒石(ヴァインシュタイン)が見られる、驚愕のカビネット!




※スクリューキャップ採用

◆2006 ステファン・エーレン
 エーレン リースリング カビネット
 750ml
商品コード:W211005
当店価格 :2,280円(税別・送料別)
       (税込 2,394円)

      ※輸入元完売


◆2006 エーレン リースリング カビネット*
 Ehlen Riesling Kabinett


タイプ / 容量 <白> 【甘口】 / 750ml
生産地 ドイツ/モーゼル地方/エルデン地区
生産者 ステファン・エーレン家
葡萄品種 リースリング100%
格付け カビネット
残留糖度/酸度 66.7g/l / 8.0g/l
備 考 「ワインスペクテーター」で89点
※酒石(ヴァインシュタイン)あり

2006年はエーレンにとって驚愕の年、神がかった年となりました。
110エクスレ以下の葡萄は3樽しかなく、それ以外はすべてベーレンアウスレーゼレベル。最も低いクラスでも例年ならアウスレーゼのトップクラスに用いるような葡萄が収穫されました。生産量は50%近く減りました。

「かつてこんなヴィンテージはなかった。何十年とない。モーゼルにここまで濃密な仕上がりはない」とエーレン氏は語っていました。

8月と10月に多い雨が降ったため、葡萄は養分を吸収しすぎ、皮に亀裂が入り、その亀裂に貴腐が付き、エクスレ度の高い葡萄となりました。
しかも酸は7.5〜9.0g/l以上あるという希なヴィンテージ!

それにもかかわらず造られた特別なカビネットです。
糖度はアウスレーゼクラス、しかも早めに収穫したため酸もあるという希に見る品質です。
素晴らしく濃縮され、リンゴや蜂蜜の豊かな香りで、甘さもしっかりとあります。

このワインには、見事な白色に結晶化した酒石(ヴァインシュタイン)が多く発生しています。
酒石は通常、貴腐ワインやアイスヴァインなどの極甘口ワインに発生する高級ワインの証しでもあります。 カビネットクラスで酒石が見られるということは、このワインがいかにスペシャルなのかを物語っていると言えます。

※酒石そのものは人体にまったく影響はございませんので安心してお楽しみ下さい。ただし、舌触りが悪いのでグラスに入らないように注意して下さい。

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
素晴らしい集約があり、とろりと粘性のあるテクスチャー。魅力的で持続性のあるリンゴやハチミツ、スレートのノートは長い余韻までフレッシュさを保ち続けている。飲み頃は今から2020年。 89点
                    「ワインスペクテーター 2007.11.30」
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・



★今までの記憶をすべて塗り替える、造り手さえ未経験のスーパー・ヴィンテージ2006年!
★中身はベーレンアウスレーゼ以上!? 自然の恩恵をたっぷり受けたスペシャルなワインです。




※スクリューキャップ採用

◆2006 ステファン・エーレン
 エルデナー・トレプヒェン
 リースリング シュペトレーゼ
 750ml
商品コード:W221004
当店価格 :2,480円(税別・送料別)
       (税込 2,604円)

       ※輸入元完売


◆2006 エルデナー・トレプヒェン
  リースリング シュペトレーゼ
 Ehlen Riesling Spatlese


タイプ / 容量 <白> 【極甘口】 / 750ml
生産地 ドイツ/モーゼル地方/エルデン地区
生産者 ステファン・エーレン家
葡萄品種 リースリング100%
格付け シュペトレーゼ
残留糖度/酸度 122.5g/l / 7.7g/l
備 考

2006年はエーレンにとって驚愕の年、神がかった年となりました。
110エクスレ以下の葡萄は3樽しかなく、それ以外はすべてベーレンアウスレーゼレベル。最も低いクラスでも例年ならアウスレーゼのトップクラスに用いるような葡萄が収穫されました。生産量は50%近く減りました。

「かつてこんなヴィンテージはなかった。何十年とない。モーゼルにここまで濃密な仕上がりはない」とエーレン氏は語っていました。

8月と10月に多い雨が降ったため、葡萄は養分を吸収しすぎ、皮に亀裂が入り、その亀裂に貴腐が付き、エクスレ度の高い葡萄となりました。
しかも酸は7.5〜9.0g/l以上あるという希なヴィンテージ!

このシュペトレーゼは125エクスレあります。中身はトップクラスのベーレンアウスレーゼが詰まっています。
2番目に摘み取った葡萄を使い、早めの収穫のため酸もしっかり残っています。とろりとしたボディに豪華なアロマが潜そみ、甘さもしっかりあります。
生産量はわずか165ケースのみでした。

20年以上の長期熟成にも十分耐える内容のワインです。
スクリューキャップを採用しています。

このワインには、見事な白色に結晶化した酒石(ヴァインシュタイン)が多く発生しています。
酒石は通常、貴腐ワインやアイスヴァインなどの極甘口ワインに発生する高級ワインの証しでもあります。 今までステファン・エーレンのシュペトレーゼクラスのワインで酒石が見られることはあまりありませんでした。
いかにこの2006年がスペシャルなものなのかの証明でもあります。。

※酒石そのものは人体にまったく影響はございませんので安心してお楽しみ下さい。ただし、舌触りが悪いのでグラスに入らないように注意して下さい。





              クラシック・モーゼル特集へ>> 
        

ページトップへ