「真澄」の醸造元・宮坂醸造は1662年創業の老舗酒蔵です。
酒蔵のある信州諏訪地方は、八ヶ岳、蓼科などの山々に囲まれた標高800〜900mの高原盆地で、澄みきった空気と水、極寒の冬が磨き上げる「真澄」は、日本で最も高地にある「富士見蔵」と諏訪市内の「諏訪蔵」で生まれます。
真澄の酒には、山あいの清冽な水をイメージさせる清涼感溢れる生酒と重厚で落ち着きのある熟成酒という2つの顔があります。どちらも伝統と現代的センスを融合させた、まさに諏訪人気質が造り上げた傑作と言えるでしょう。
また、現在の高品質酒用の清酒酵母の主流ともいえる「協会7号酵母」の発祥蔵としても知られる卓越した酒造技術をもつ酒蔵です。










冷酒◎ 室温○ ぬる燗× 熱燗×


いくら等の魚卵や珍味系、粕漬け、
麹漬けの焼き魚、チーズ
など

 酒情報/分析データ
■醸造元

■商品名
■種別
■原料米
■精米歩合
■日本酒度
■酸度
■アルコール
■容量
■保存方法
■備考
宮坂醸造(株)
長野県諏訪市元町1-16
真澄 純米 「あらばしり」
純米生原酒
ひとごこち、美山錦(長野県産)
55−60%
−1前後
2.0前後
17%
720ml
冷蔵保存
協会7号酵母(真澄酵母)使用
※季節限定品
毎年11月〜4月頃出荷


        
「あらばしり」の代名詞的存在。
    真澄名物の“しぼりたて生原酒”!

まさに山あいの清流をイメージさせる
    フレッシュ感溢れる、
 ジューシーでみずみずしい味わいが魅力!

★本年度から純米規格にランクアップしました!

  ますみ
◆真澄 純米 「あらばしり」 生原酒

毎年、冬に出荷されるその年最初の真澄の “しぼりたて新酒”。
その年にとれた地元・信州産の米を丁寧に磨き、清冽な水で醸した割り水や加熱処理をせずにそのまま瓶詰めした純米生原酒タイプの『あらばしり』です。

「あらばしり」とは、お酒を搾る際に一番最初に流れ出してくる部分でまさに “新酒中の新酒”。
米の旨味をたっぷりと含んだ、ピチピチと弾けるようなフレッシュな味わいが身上。

長年、本醸造(アルコール添加)タイプで造られていた真澄の「あらばしり」ですが、平成27年より、純米酒の生原酒にランクアップして生まれ変わりました。

りんごやみずみずしい白桃などを連想させるフレッシュな香りと米の甘みを感じるジューシーな味わい、そしてキレの良さ。

奥深い緑に囲まれた信州の清流のせせらぎが聞こえてきそうな..
そんな、清涼感があります。


「あらばしり」という言葉を世に広めたのは、おそらくこの真澄です。
今では、すっかり「あらばしり」の代名詞的存在となった真澄は、驚くほどフレッシュでジューシー、そして優しいお酒です!

◇おいしい飲み方 ◎冷して


※ 限定数に達し次第、今期分の販売終了となります。












今期分、入荷しました。


ボトルに点字で「さけ」と表示されています。



                    真澄コーナーへ >> 
        

ページトップへ