房総半島の漁業基地として知られる大原にて明治12年に創業。
昭和31年に全国唯一の独自の醸造法「高温山廃モト」を導入し、防腐剤を使用しない長期熟成酒(古酒)の研究を始め、昭和42年には自然農法米による自然酒の販売を開始する。
木戸泉の酒は大吟醸酒に用いられる最高級米・山田錦を多用しますが、吟醸酒は造らずに純米酒にこだわるという国内で最も贅沢な日本酒といえます。独自の理念と日本酒の未来を見つめた長いスパンでの商品開発など独創性のある酒蔵で、まさに唯一無二といえる興味深い商品ラインナップを誇る目の離せない存在です。
高温山廃純米酒
木戸泉 「醍醐」
1800ml
高温山廃純米酒
木戸泉 「自然舞」
720ml/1800ml
無濾過純米生原酒
木戸泉 「白玉香」
720ml
高温山廃一段仕込
木戸泉 「アフス生酒」
500ml

          ※上記以外にも木戸泉の酒を取り揃えております。お気軽にお問合わせ下さい。




木戸泉は古酒と自然酒造りに関して、創生期から手掛ける草分け的存在として知られますが、もちろん普通酒や本醸造酒などの一般酒も造っています。特異なのは「高温山廃モト」と名付けられた他にはない独自の醸造法で、通常とは逆の高温(55゚C 通常は8゚C前後)で仕込みを行い、自家培養の生の乳酸菌を添加するという独特の手法が木戸泉の酒に唯一無二の個性を与えます。そして、個性的あるがゆえ好き嫌いの分かれる酒であることも確かですが、好きな方はとことん好きで遥か遠方より木戸泉の酒を買い求めに来られるお客様が多いことも事実です。
千葉地酒のラインナップを幅広くしている事も確かですが、それ以上に日本酒全体の選択肢を広げるという意味で大きく貢献している酒蔵のひとつと言えます。純国産の生産物がどんどん消滅している今の日本において、他では真似の出来ないオリジナリティと技術から生まれる木戸泉の酒は、今後、国際的にも評価されていく数少ない純国産品ではないでしょうか。
木戸泉をまだ飲まれたことのない方は、ぜひ試してみて下さい。日本酒の世界がさらに広がることは間違いありません。

<写真左上より>
■酒類評論家の小檜山俊氏が書かれた木戸泉の特異性を綴った物語。 ■精米所に設置された精米機。自然農法米は全て自家精米される。 ■麹室 ■蔵内の貯蔵用サーマルタンク

千葉県いすみ市大原7635-1 木戸泉酒造
        



        

ページトップへ