◆ワイン試飲会報告 その14 2015/2/3                       << 試飲会報告 その13


お久しぶりです! 2年ぶりの試飲会報告となります。
もちろん試飲会には、いつものように通っていたのですが、あまり変わり映えのしない報告では
つまらないだろうと思い休んでおりました。

さて、今回は毎回通っている某中堅インポーターの試飲会ですが、いつもの会場が取れなかった
ということで、東京・赤坂の某ホテルでの開催となりました。

到着時はまだ空いていたのですが、1時間もすると大混雑になってきました。
今回は会場もいつもより狭いので、渋谷のスクランブル交差点で試飲しているような感じです。
 


オリーブオイルの種類も増えています。
ここで取扱っているオイルはすべてフレッシュタイプで
非常に品質が高く、コスパも高いのです。

他では250mlで3000〜4000円ほどするオイルと
同品質のオイルが半額以下で手に入ります。

写真右から2番目のオイルは特に緑がかっていま
すね。 この色がフレッシュさの証しなのです。

一般に売られているオリーブオイルは、ここにある
オイルよりはるかに濃い黄色だと思います。




こちらの試飲会では1年ほど前から試飲用のグラスも一新しました。
これは重要ですね。 特に赤ワインはグラスでかなり香りと味わいが変わりますからね。
もちろんスパークリングワイン用には、フルートグラスを使っています。

これだけの数のグラスを洗っては出し、洗っては出しとホテルの裏方さんは大変だと思います。
   

さて、今回の試飲会では急激な円安とここ2、3年のフランスなどの不作で、さぞインポーターさんは
ワイン選びに苦労したことと思います。
並んでいるワインの多くは2012、2013年産が多く、若いし、軽いしと厳しい情況が感じ取れます。

そんな中で見つけたのがこのイタリアワイン。
イタリア・プーリア州産のワインでプリミティーボという葡萄を使った赤ワインです。
果実味たっぷりでマイルドでとてもバランスのとれた飲みやすいワインです。
価格もお手頃です!
   


この方がこのワインを造っている
協同組合「カンティーネ サン・マルツァーノ」の人。

1200者もの葡萄栽培農家を抱え、プリミティーボ主体の
ワインを造っています。







今回はこんな高額なワインも無料試飲していました。
大盤振る舞いですね! 普通だと有料試飲になるんですけどね。

これはイタリアのワインで「アマローネ」という、2〜6カ月ほど陰干し
した葡萄から造られる個性的な赤ワインです。

「アマローネ」は高級ワインなんですけど、これは特に高額ですね。
ボルドーやブルゴーニュなどの有名銘柄にお金を出す人は大勢
いますけど、このようなワインにお金を出す人というのは本当にワインが
好きな方なんでしょうね。





ワインのほかにシェリー酒やクレーム・ド・カシス、クレーム・ド・ペシェ(ピーチ)の試飲もしました。
はっきり言うとワインよりこちらのほうがおいしかったんです。

シェリーは「ボデガス・ヒメネス・スピノラ」という生産者が造る、トロリとした口当りの極甘口なんですが、
これが絶品の味わいなんです。
前回も試飲して感動したんですが、1本1万円するので、果して売れるのか? と迷っているんです。

今回、初お目見えのクレーム・ド・カシスとペシェ。 こちらも凄いです!
「ドメーヌ・デュ・ヴィスー」というボジョレー地方のワイン生産者が自分の畑で収穫したカシスや桃から
造るリキュールですが、とにかくフレッシュでナチュラル!果実をギュギュギュッと搾って濃縮した感じで
驚きました。
よくあるルジェだのボルスだのといったメーカー品とはまったくの別物でした。

また、このブースにいらっしゃった、こちらのワイン生産者のおじさん(当主)が『どうだ!うまいだろ』って
感じのすごくいい笑顔でこちらも笑顔になりました。

      



                                   << 試飲会報告 その13
        


ページトップへ