WINE DATA
■生産地
■生産者
■ワイン名

■VINTAGE
■格付け
■葡萄品種

■タイプ
■容量
■アルコール
■備考
アルゼンチン/カルチャキ・ヴァレー地方
ボデガ・エル・エステコ
ミッシェルトリノ ブリット
Michel Trino Brut
ノン・ヴィンテージ

トロンテス45%、シャルドネ35%
マルベック20%
【白】 辛口 発泡性ワイン
750ml
12.5%
よく冷やしてお楽しみ下さい。

☆キレ味抜群のドライな味わい!
   驚きのコストパフォーマンスの高さです。

★いよいよ登場!
   珍しいアルゼンチン産スパークリング。

☆スティルワインでは既に高い評価を得る
  『ミッシェル・トリノ』が造るスパークリングワイン。

........................................

すでに当店でも好評の高いコストパフォーマンスを持つ『ミッシェル・トリノ』から新登場のスパークリングワイン!

このワインはインポーターの試飲会で見つけましたが、この価格帯ではちょっと珍しい、キリッとドライな辛口でとても印象的な1本でした。

アルゼンチンのスティルワイン(一般のワイン)は、だいぶ日本に輸入されるようになりましたが、スパークリングワインはまだまだ少数派です。

このワインに使われている葡萄は、トロンテスにシャルドネ、マルベックで、まず他国のワインでは見かけることのない組み合わせです。

トロンテスはアルゼンチンの白ワインを代表する葡萄品種で、とても華やかな花の香りが特徴なのですが、個人的にはちょっと香りが強すぎて好みではありません。

しかし、この「ミッシェル・トリノ ブリュット」に関しては、その特徴的な香りは無く、口に含んでも爽快でフレッシュな果実香で食事の邪魔をしません。
またマルベックに由来するほどよいボリューム感があり、ドライでペラペラな印象のワインとは異なり、満足感があります。

味わいはとてもドライでキリリッとしています。
ドライなシャンパーニュやカヴァが好きだという方にも普段飲みとして、十分におすすめできる品質だと思います。
もちろん、泡立ちに関してはシャンパーニュには及びませんが、価格を考慮すれば驚くほどのコストパフォーマンスを持った1本ではないでしょうか。

........................................














                 スパークリングワイン>> 
        

ページトップへ